トップ 糖尿病ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

糖尿病ナビ糖尿病とつきあう > 最新治療法(1)

最新治療法(1)

最新治療法(1)の画像

現在、糖尿病の経口薬で最も注目を浴びているのがDPP-4阻害薬です。DPP-阻害薬は、インクレチン関連薬の一種です。インクレチンとはホルモンの一種で、食事をすると腸管から血液中に分泌されます。インクレチンは血糖値を下げる働きをするインスリンの分泌を促進します。また同時に血糖値を上げるグルカゴンの分泌を抑制することで血糖をコントロールするのです。

ところがインスリンには分泌後数分でDPP-4という酵素によって分解されてしまうのです。血糖をコントロールする前に、インスリンが分解されてしまえば、インスリンは十分な働きができず、血糖値は高くなってしまいます。DPP-4阻害薬は名称の通り、このDPP-4という酵素の働きを邪魔するのです。こうしてインクレチンの分解が進まないようにすることで血糖値を低下させる働きをするのです。

糖尿病の大きな課題の一つは治療を受けても血糖をコントロールできない人が多いことでした。従来の経口薬では血糖のコントロールに限界があったのです。しかし、DPP-4阻害薬を併用することで多くの患者が血糖のコントロールができるようになったのです。

日本人はもともとインスリンの分泌が少ないといわれています。そのためスリホニル尿素薬が治療では最も一般的に使われてきました。しかし先にも述べたとおり、この経口薬だけでは多くの人にとって血糖のコントロールは難しかったのです。しかし2009年に日本でもついにDPP-4阻害薬が糖尿病経口薬として利用されるようになりました。それまでにない作用メカニズムを持つ薬としては10年ぶりの登場でした。

この薬がまさに最新の治療薬として糖尿病を専門とする医師の間で大変な話題になっているのです。発売から1年が経ったことで長期処方もできるようになっています。さらに使い勝手がよくなったといえるでしょう。また日本で承認された経口薬は優れた忍容性を持ち、かつ低血糖も起こしにくく、体重増加も起こらず肥満にならないという優れた特徴を持っています。新しい治療薬として期待を集めるのも当然のことでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


糖尿病ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 生活習慣の改善(1)

糖尿病の治療には、生活習慣を改善しなければなりません。特に、境界型糖尿病の場合には生活習慣を改善することで、糖尿病の治療に大きな効果をもたらすかもしれません。糖尿病の治療に効果のある生活習慣の改善といえば、運動療法と食事療法が挙げられるでしょう。 ここでは、運動療法について少し紹介しましょう。糖尿病の中でも、特に2型糖尿病に対して運動療法は効果を持つといわれています。これは運動することによってエネルギーを消費し、肥満を解消することにつながるからです。2型糖尿病の主な原因は肥

糖尿病ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。