トップ 糖尿病ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

糖尿病ナビ糖尿病とつきあう > 主治医とのつきあい

主治医とのつきあい

主治医とのつきあいの画像

糖尿病は一度発症すると、現在では、根治が困難な病気の一つです。症状を悪化させないように、慢性合併症や急性合併症が起きないように注意し、自分で自分をコントロールしながら、食事療法や運動療法を続けていくという不断の努力が必要になります。そんなとき、力になってくれるのが、豊富な経験を持ち、適切なアドバイスをしてくれる主治医の存在です。糖尿病の治療は基本的な部分については、たいていの方が共通です。

しかし、病気の症状の出方や改善のあり方などには個人差があります。ですから人それぞれの糖尿病の症状の違いに合わせて綿密な治療プランを立てる必要があるのです。そのため、長期に亘って自分のことを見てくれて、細かいことも気兼ねなく聞けるような医師の存在が重要になるのです。そんな主治医を持ちたいものです。

信頼できる主治医を持つことは精神的な安定をもたらします。医師と気軽にコミュニケーションをとるのは難しいかもしれません。しかし、医師に怒られると思って、自分に起こっていることを隠してしまうようなことになればまさに本末転倒です。時間をかけてじっくりと医師と付き合うことで話すのが苦手な方でも気兼ねなく医師に何でも伝えられるようになるものです。

医師の治療方針にはしっかりとつきあわなければなりません。もしうまく治療方針に沿うことができないのなら、その理由等を医師に伝え、うまく実行できる方法を考えなければなりません。治療方針に疑問があれば、納得のいくまで医師に説明してもらいましょう。医師に示された治療方針が上手に実行できない場合には、必ず、そのことを医師に伝えましょう。そして医師にアドバイスをもらうことが大切です。

医師の中には厳しく注意する方もいます。しかし、それは患者の命がかかっているからです。自分の意志がしっかりしていなければ糖尿病と付き合っていくことはできないのです。そしてどうしてもその主治医とあわないのならば、病院を変わったり、担当医を変更してもらうことも一つの方法です。我慢しているよりも実行するほうがよいのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


糖尿病ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 診断されたら

糖尿病と診断されたら、医師の勧めに従って治療を続ける以外に方法はありません。まずは自分の身体の事をよく知って、糖尿病改善に向けて一歩を踏み出すことです。 薬物治療、運動療法、食事療法と、糖尿病の改善のためには様々な方法がありますが、どれも決して楽とは言えないかもしれません。家族の協力や、医師や栄養士、看護師等の適切な助言なしには、糖尿病を改善することは難しいでしょう。だからこそ、境界型糖尿病の時に、しっかりとした治療を行っておくことが重要です。境界型の場合なら、改善して健康

糖尿病ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。